ニアちゃんの髪を塗ろう!
ニアのページへもどる
ニアの複雑な髪の色はどう塗装すれば良いのか、お悩みの声が多くありましたので、今回の塗装見本で用いた方法を簡単にご説明します。
この塗り方が正解と言うわけではありませんが、参考にしていただければと思います。 (塗装担当:森川浩志・クボワタル)
1:まずは下地の黄色(クリーム色?)を全体に塗ります。
2:続いて水色にする部分のマスキング。 ニアの髪パーツには塗り分けのために境界線が浅くモールドされています。マスキングをする前にシャーペンなどで軽くアタリを付けておくと良いでしょう。 その際は必ず、後で水色の塗料が乗って見えなくなる、ラインの内側に付けましょう。
3:地獄のマスキング作業中。 マスキングが苦手な方は無理にすることはありません。筆塗りでも何とかなりますので、この行程は飛ばして下さい。
4:テープ貼りが終わったら、マスキングゾルなどで黄色く残す部分をコートします。 これでマスキング作業終了。 時間がかかりますが丁寧にすればするほど仕上がりが綺麗になります。 5:水色を塗る前に、白で下地を作ります。色が透けて混ざって見えないようにするためです。 筆塗りの場合も、出来ればまず白で下塗りをして下さい。
6:水色を塗ります。色合いは出来る限り下地の黄色との明暗差が出ない明るめの水色にして下さい。 7:水色を塗り終わりマスキングを剥がした状態。まだ少し、色の差が大き過ぎて境界が目立ちます。
8:そこで、色の境界を淡くするためにツヤ消しクリアーと白を混ぜてボカシ用のコーティング塗料を作り、全体に塗ります。様子を見ながら少しずつ塗り重ねて行きます。
この段階でもかなり色の差が小さくなっていますが、欲を出してもう少し・・・。
9:さらにひと皮かぶせるつもりでコーティングを塗り、完成!色味は皆さんの好みに合わせて調整すると良いでしょう。
筆塗りで仕上げる場合は、例えばアクリルガッシュの様な不透明水彩絵の具で水色部分を塗るのも、ひとつの手です。